2017年10月18日

ハードディスク(HD)が壊れてしまったらこうしよう

ハードディスク(HD)が残念ながらクラッシュした経験がある人はけっこうたくさんいると思います。

という事でハードディスク(HD)がクラッシュした時の対応例を紹介します。

OSはWin98ですが、起動時にハードディスク(HD)から変な音がしてぜんぜんパソコンが起動しなくなりました。
どうやらハードディスク(HD)が壊れたようです。

その後、新しいHDを買って今のパソコンに取り付けてからWin98を再インストールしました。

クラッシュしたハードディスクをスレーブとしてパソコンに取り付けようとして取り付け、電源を入れてみました。
そうしたら、スキャンディスクの画面が表示されてそのまま動かなくなってしまいました。

どうしたのかと思い、BIOSで状態を見てみると新しいHDとクラッシュしたHDはマスター/スレーブとして認識はしているみたいだが、電源投入後の画面ではマスターは「None」と表示、スレーブにはクラッシュしているハードディスク(HD)が表示されています。

このクラッシュしたハードディスク(HD)から、データを取り出したいと思っているのですが方法を以下のようにしてみたいと思っています。

壊れた方のHDDをセカンダリの方につないでみます。

この時はまだクラッシュしたHDが壊れているのが確実と言うわけではないので一時的にCD-ROMを外して壊れたHDDだけにしてみます。

BIOSで認識していないドライブというのは、Windowsが起動するまで設定状況が分からないので起動中に起こる最初のスキャンディスクでスキャンしなくなると思います。

ですので、Windowsが起動したら読み込めたデータをコピーしてみようと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。