2017年08月20日

HD(ハードディスク)が壊れる時の前兆

ハードディスクがクラッシュするというのは、多かれ少なかれ経験している人はいると思います、突然クラッシュと思いがちですがよく思い出してみるとなんらかの前兆があったように思います。

例えば、急にハードディスクの起動が遅くなる。
それとハードディスクにファイルなどデータを書き込もうとしたときに、失敗する場合が増えてきたなどです。
このとき、パソコンを再起動すると正常の状態に戻るのであまり深く考えずに安心しがちですが、これが大きな間違いだったのかも知れませんね。

もし、パソコンのハードディスクの状態がいつもと違うなって思った時点で、データ復旧業者に見てもらうなり、ご自分でバックアップを取るなりしていればハードディスクが完全に壊れて中のデータが復旧不可能の状態になることはなかったと思います。

ハードディスクが破損すると思わぬ悲劇に見舞われたりします。
一番大きな被害は、今まで大切に蓄積してきたデータの消滅などです。家計簿やデジカメの画像、メールなどさまざまな情報があります。

ハードディスクが破損した場合、ソフトウェアなどは再インストールすれば元通りに使えるわけですから時間はかかりますが、大きな被害とは言えないと思います。
しかし、データは二度と復活できないものの方が多いのでかなりの被害と言う事になると言えます。

こうなる前に、少しでもいつもと違うと思ったらハードディスクの診断をするなどして対策を取る事をおすすめします。
posted by HDクラッシュ at | HD(ハードディスク)が壊れる時の前兆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。